海外留学・ホームステイするならECC。1週間の短期留学から1年を超える長期留学まで好評受付中!

ECC海外留学センター LET‘Sホーム 中学・高校留学とは? | 現地レポート | アメリカ高校交換留学【2015年4月】

アメリカ高校交換留学【2015年4月】

原田怜奈さん ミシシッピ州  2014年9月~

【クラブ活動について】

私はバンドに所属している。毎日3~5時間ほどの練習があり、しかもその大半が炎天下でのマーチングだからもうヘトヘトだ。一体1日に何歩歩いているのだろう。万歩計をつけてみたいものだ。今はアメリカンフットボールの試合のシーズンのため、ほぼ毎週ハーフタイムショーのパフォーマンスがありとても忙しい。更にここ数週間は毎週週末にマーチングのコンペティションがある。結果が発表される時は手を繋いだり、叫んだりして一体感がある。大体真夜中に帰宅するが充実感に溢れており楽しく活動している。フルートやってて良かった。

また私は毎週水曜日にアートクラブに行っている。きっかけはホストシスターが所属していたからだ。小さい頃から絵を描くのが大好きで、図工も好きだったためアートクラブに入れて嬉しかった。活動するのは週1回、約1時間半ほどだ。活動内容は、前期はよく演劇部の舞台に使われる壁塗りをしていた。
今はなんと、靴のデザインコンテストに向けてデザインを思考中で、もうすぐ靴が届くそうだ。これは全米で開催されるコンテストで多くの高校が出場し、審査で最後まで残ると、なんとなんとなんと!ニューヨークに行けるそうだ。…多分ニューヨークは夢で終わりそうだが、皆このコンテストを楽しみにしている。
特に何もすることがない日はそれぞれの宿題をしたり、ただ絵を描いたりしてのんびり過ごしている。また、ただ絵を描くだけでなく、10月下旬には公園に集まりカボチャ掘りを体験し、12月初めにはメキシカンレストランに集まって皆でご飯を食べた。このようにクラブに入ることで友人の輪も広がり、アメリカならではの経験をするチャンスが増えた。

【友達作りについて】

友達を作るために自分から話しかけなければいけない、そんなことなど分かっている、しかしそれが難しい、ということは初めから分かっていた。
そこで私がとった最初の行動、それは、「小さな目標」を立てることだ。この週は1日1回、絶対に誰かに名前を聞くぞ、といったようなものだ。
学校が始まって間もない頃はこの目標を掲げて頑張った。私が所属しているバンドは100人以上いるため、友達作りの場があって大分助かった。
しかし皆が皆話しかけてくれる訳ではないし、むしろ話しかけないとこっちを見てくれない人の方が多い。
最初の頃は何か質問するにしても、よしあれを言おう、これを言おう、このタイミングで言おう、などいちいち考えてしまう。そんな毎日を送っているうちに、気付いたら私の周りには沢山の友達ができた。自然と挨拶ができる人がいる。「小さな目標」作戦はかなりいい感じに影響を及ぼしているようだ。週末に遊んだり、宿題を一緒にしたりする仲間がいるなんて幸せだ。そしてこれからもそんな人を増やしていきたい。

私の学校は3月28日から4月5日にかけて春休みがあり、私は1週間友達の家に泊まったりして過ごした。エアークラフトショーを見に行ったり、フリーマーケットやモール、レストランに行ったりした。エアークラフトショーでは、近くに軍事基地があるため軍の飛行機が頭上でものすごい音を鳴らしながらアクロバティックな飛行をするのを見れた。モールに行ったときは、たったの5ドルで可愛いジャケットを買えたのが嬉しかった!夜に布団と椅子で小さな家のようなものを作って映画を見たり、朝起きてボケーっとしながらソファで友達と喋ったり、小さな思い出がとても大切なものになっていく。限られた日々がとても早く過ぎていくのを実感するが、限られているからこそこれからも全力で楽しんでたくさんの経験をしていきたいと思う。

フォトギャラリー

その場に行かないと、学べないことがある。

LET'Sの世界へ踏み出そう。

短期留学から長期留学まで好評受付中!

Copyright © ECC Co., Ltd. All Rights Reserved.

TOP