留学・ホームステイするならECC。1週間の短期留学から1年を超える長期留学まで好評受付中!

HOME 留学コンテンツ一覧 |  セブ留学中の食事を美味しく効率的に済ますための3つのポイント

セブ留学中の食事を美味しく効率的に済ますための3つのポイント

JAOS(海外留学協議会)が発表した「留学事業者36社による日本人留学状況調査」によると、2014年度は、JAOS会員会社から留学した日本人64.998人中、6.7%がフィリピンに留学しています。[注1]
このように留学先として人気のフィリピンですが、なかでもフィリピン中部に位置するビサヤ諸島にあるセブ島です。観光地としての人気が高いこの島は、昨今では語学留学先としても注目を浴びています。英語が公用語として用いられているうえに、イギリスやアメリカよりも留学 ・渡航費用が抑えられるというのが魅力です。

留学をする際に気になるのが、現地の食事です。いざ現地に行って、口に合わない、食費がかかるといったことがないように、今回はセブ留学中の食事をおししくかつ効率的に済ませるためのポイントを紹介します。
[注1] 留学事業者36社による日本人留学状況調査

食事つきの学校を選べば経済的健康的にも安心

フィリピンには現在約300校以上もの語学学校が存在すると言われています。そして、その語学学校の多くが「日本人経営」もしくは「韓国人経営」の語学学校です。語学学校のなかには「食事つき」を条件にしているところもあればそうでないところもあります。食事つきの語学学校を選べば、都度食事を自分でまかなう必要もありませんし、経済的な負担も抑えられます。また、語学学校が提供してくれる食事であれば、コンビニやインスタント食品に比べて栄養バランスも良いです。そして、しっかりとバランスの取れた栄養を摂取することで体調管理を行うことができることも大きなメリットです。

美味しい食事を提供する学校を選んで後悔することを防ぐ

語学学校を選ぶ際は、「食事の美味しさ」を重視して選ぶことも大切です。
例えば、その語学学校の経営が日本人であれば、日本人向けの食事が出てきます。
慣れない外国では、食事が口に合わないことでストレスも感じてしまいます。
なるべく自分の口に合う食事が出る、日本にいるときと変わらない食事が楽しめる語学学校を選ぶようにしましょう。

スーパーマーケットやコンビニ、売店、レストラン等が近くにある学校を選ぶ

いくら語学学校の食事が美味しくても、数か月も学校が提供してくれる食事を食べていれば、飽きてしてしまうこともあります。そんな時にも備えて、語学学校を選ぶときに、学校近くに「スーパー」「コンビニ」「売店」「レストラン」等がより多くある学校を選ぶことをおすすめします。
もし、学校で提供される食事に飽きた場合でも、近くにスーパーマーケットや売店がある語学学校であれば、スーパーマーケットでフィリピンの美味しい「フルーツ」や「インスタントラーメン」、学校内の売店の「ハンバーガー」や「ケバブ」などを食べて、マンネリ化した食生活にアクセントを入れることができます。食事は1日のなかでも、気が安らぐ瞬間です。そんな食事に飽きてしまっては、勉強も身に入りません。

日本人街・バニラッド周辺も語学学校を選ぶ

セブ島のバニラッドには、日本人街が広がっています。日本人街には、日本人向けのスーパーや、日本料理店が展開されています。このバニラッド周辺の語学学校であれば、いつでも、日本の食事を味わえるというメリットがあります。ですが、現地で調達する日本の食材はどうしても、日本国内よりも高くなってしまいます。
もし日本食が恋しくなっても困らないように、味噌汁をはじめとした、インスタント食品をある程度用意してもっていきましょう。

日本から持ち出せない食べ物もある

フィリピンには、日本から持ち込めない、あるいは持ち込むのに許可がいる食べ物もあります。
例えば、お米(精米 / 玄米)は、フィリピンが発行する輸入許可証を取得したうえで、日本国内での輸出検査が必要になります。また、スイカやキュウリなどもフィリピンが権益条件を設定していないため輸出できません。[注2]
[注2] フィリピン 品目別検疫条件一覧表(携帯品):植物防疫所

語学学校が提供している食事の様子はSNSを使って経験者に尋ねる!

自分が行きたいと思っている語学学校の食事が美味しいかどうかは、その学校に留学をしたことがある人に聞いてみるのが確実です。もちろん、留学のサポートを面倒みてくれるエージェントに聞いてみるのも1つの手ですが、味の感想まではなかなか教えてくれません。

現地での食事を経験した人を見つけるにはSNSを活用してみましょう。例えば、ツイッターやインスタグラムで「自分が行きたい学校の名前」を検索して、その学校に留学したことがありそうな人にメッセージを送って直接「○○という語学学校の食事はどうか」と聞くといいです。また、食事以外のことで気になることもあれば、ついでに聞いてみるとよいですよ。エージェントの方よりも、実際に語学学校で留学生活を経験された方のアドバイスの方が良いケースもあります。

セブ島留学を楽しく過ごすには満足できる食事が必要不可欠

セブ島での留学期間を楽しく過ごすのに、満足できる食事は必要不可欠です。食事に不満を抱いていては、楽しく過ごせるはずの留学も水の泡となってしまいます。そのため、語学学校を選ぶ際は、食事の面も気にして選ぶようにしましょう。

フィリピン留学プログラム一覧はこちら

その場に行かないと、学べないことがある。

LET'Sの世界へ踏み出そう。

短期留学から長期留学まで好評受付中!

Copyright © ECC Co., Ltd. All Rights Reserved.

TOP