留学・ホームステイするならECC。1週間の短期留学から1年を超える長期留学まで好評受付中!

HOME 留学コンテンツ一覧 |  入学資格にもなる!アメリカ留学前に取得しておくべきTOEIC以外の英語の資格3選

入学資格にもなる!アメリカ留学前に取得しておくべきTOEIC以外の英語の資格3選

アメリカに留学をする際に取得おきたいのが、さまざまな英語の資格です。英語に関する資格としてよく知られているひとつが「TOEIC」。TOEICは国際コミュニケーション英語能力テストと言うだけあって、各国で受験されている、アメリカ発の英語資格です。しかし、「TOEIC」以外にもアメリカ留学で役立つ英語の資格があります。
今回は、アメリカ留学をする為に必要なTOEIC以外の資格」を3つご紹介致します。

IELTSが必要!?

IELTSは、英語力を構成に多角的に評価するためのテストです。大学進学向けの「アカデミックモジュール」と永住権やビザ取得のための「ジェネラル・トレーニング・モジュール」の2つがあります。アメリカにおいては、IELTSは3,000校一状の高等教育機関やトップ大学と大学院のほぼ100%が採用しており、非常に重要な資格です。海外大学院の場合はTOFLEの代わりにIELTSで受験が可能という所もあるので、まずは、自分の行きたい学校の応募資格を確認することをおすすめします。試験構成は、「リスニング」「リーディング」「ライティング」「スピーキング」の4つから成り立っており、日本国内では月に3回の試験が行われています。自分の行きたい大学や大学院の入学の応募期間に間に合うように、余裕をもって、試験の準備を行っていきましょう。

IELTSの勉強をするためのおすすめの勉強法

IELTSの「アカデミックモジュール」の場合、大学や大学院で勉強ができるかどうかを確認するためのテストです。そのため、テストで出てくる単語や会話表現は、大学で使用する専門的なものも含まれます。そのため、専門用語に関する知識も蓄えておく必要があります。また、IELTSは、過去問題集が数多くあるので、必ず手元に置いておきましょう。過去の問題を解いてみて、自分の穴を見つけ出したら、その苦手なセクションを繰り返し鍛えていくとよいでしょう。

ネイティブスピーカーが問題を作ったG-TELP

G-TELPは、英語を母国語としない人に向けた、英語力テストです。アメリカで、ネイティブスピーカーによって制作されたため、生きた実用的な英語をテストできます。構成は「グラマー」「リスニング」「リーディング&ボキャブラリー」からなり、4段階のレベル別に試験が用意されています。レベル4からはじまり、レベル1が最難関。
G-TELPの公式ホームページでは、レベル4がTOEIC400点以下、レベル1がTOEIC990点以上に匹敵するとされています。

G-TELPの効果的な勉強法

G-TELPは、出題傾向がTOEICに近い傾向となります。そのため、TOEICのように、問題集を解き、その特徴や頻出単語を覚えることからはじめましょう。ただし、G-TEPの参考書として市販されているものは、ほかの英語テストに比べると少ないので、さまざまな問題を解いて応用力をつけるという点では、難しいところもあります。また、レベルごとに各セクションの問題数と解答時間が限られています。時間配分になれておく必要もあります。なお、G-TELPは他の英語テストのように、相対的に自分の英語力を判断するものではなく、レベルに沿って設けられた基準に、自分がどこまで達しているかを計り知るテストです。
そのため、自ずと自分のウィークポイントが見えてきますし、強みもわかってくるテストといえます。

英検もアメリカ留学に役立つ重要な資格

日本で慣れ親しまれている英語検定の代表的な存在として、実用英語技能検定(英検)が挙げられます。この検定は日本独自のものになりますが、アメリカには英検を入学資格として認めている高校 / 大学もあり、アメリカに留学するのにも役立つ資格といえます。
入学資格として認められるのは、準2級から1級まで。2018年12月時点で、30校以上が英検を入学資格として認めています。

英検に効果的な勉強法

英検はTOEICと並び、英語テストの代表的な存在です。そのため、各級の問題集も多く販売されており、すぐにでも勉強をはじめられます。
出題される内容は各級で異なりますが、3級から面接(スピーキング)が加わります。そのため、文法的な学習に加え、普段から英語を話す癖が求められます。また、面接の評価には「態度」も含まれているため、大きな声での会話やアイコンタクトなど、コミュニケーション面を養っておく必要があります。なかなか恥ずかしくて人前で英語が喋れないという人は、ネイティブスピーカーとコミュニケーションをとり、英語を発することに慣れていきましょう。

TOEIC以外にも役立つ英語資格はいくつもある

TOEICは国際的な英語資格ですが、それ以外にもアメリカ留学前に取得しておきたい資格はいくつもあります。いずれの資格を受けるにしろ、まずは自分の語学力を確認して、適したレベルを選びましょう。無理に本来の実力を高いレベルを受けてしまっては、勉強を続けるうえで重要な達成感を味わえないかもしれません。しっかり自分の実力を見極めてから受験をして、アメリカ留学に備えましょう。

アメリカ留学プログラム一覧はこちら

その場に行かないと、学べないことがある。

LET'Sの世界へ踏み出そう。

短期留学から長期留学まで好評受付中!

Copyright © ECC Co., Ltd. All Rights Reserved.

TOP