留学・ホームステイするならECC。1週間の短期留学から1年を超える長期留学まで好評受付中!

HOME 留学コンテンツ一覧 |  カナダ留学前に心得ておきたい現地独特のマナーと振る舞い方

カナダ留学前に心得ておきたい現地独特のマナーと振る舞い方

カナダは移民が多く、多様性に富んだ国ですが、カナダ独特のマナーや振る舞い方があるのも確かです。カナダでは、すれ違う人でも挨拶を交わす習慣があり、非常に親しみやすい一方、意思表明をしっかりしなければ気持ちが伝わらない場合も多く、注意が必要です。
カナダと言えば、移民が約20%を占めている非常に多様性のある国として知られています。しかし、そんなカナダでも現地独特のマナーや振る舞い方があります。場合によっては罰金を支払わなければならないこともあります。

今回は、カナダへ留学予定の人や留学を考えている人に向けて、留学前に知っておきたいカナダ独特のマナーや振る舞い方いついて紹介していきます。

カナダでは見知らぬ人と世間話をするのが普通

最初に述べたように、カナダは非常に多様性に富んだ国際的な国であり、コミュニケーションにおいて日本とカナダには大きな違いがあります。

カナダ人は、シャイな日本人と違って、親しみがあって接しやすい傾向にあるでしょう。カナダでは、見知らぬ人でも道端ですれ違うだけで挨拶を交わすということが多いそうです。また、それは電車に乗った時やスーパーなどでも同じで、ひょんな事から知らない人との会話が始まることもよくあります。

そんなフレンドリーなところがあるカナダ人ですが、一方で、「はい」や「いいえ」というように自分の意思表示がはっきりしているところも特徴のひとつです。留学する際には、明るく振る舞うこともそうですが、自分の意見を相手にしっかり伝えられるようになっておきましょう。

野外でお酒を飲むと罰金刑

カナダには、さまざまな決まりがあります。代表的なものとして、どこでもお酒が飲めるというわけではない事が挙げられるでしょう。
日本では、お花見などをする時に、野外でお酒を飲むことがありますが、カナダでこれをすると罰金が課せられてしまいます。カナダでは、屋外での飲酒が禁じられています。飲酒が可能な場所は、家の敷地内か、お酒の販売許可を得たレストランなどに限られています。

喫煙も取締対象

また、カナダでは喫煙も厳しく取り締まられています。喫煙は屋内の一部の喫煙スペースでのみ許可されています。こちらも飲酒同様、違反者にはやはり罰金が課せられます。たとえ屋外であっても、州によってはドアから数メートルは禁止であるとったように若干違いがありますので、御自分が留学予定の州を確認してみましょう。

ウェイターを急かさないのもマナー

カナダには特有のマナーもあります。
まず、日本と違って、カナダでは汁気のある麺類でも、音を立てて食べるとマナー違反となります。麺類に限らず、音を立てないようにして食べるのがカナダのマナーです。
そして、くしゃみやゲップ、しゃっくりなどをしてしまった際には、「Excuse me(すいません)」と一言入れるのも、マナーのひとつです。知り合いと一緒にいた時はもちろん、周りに知らない人しかいなかったときにも、一言入れるのが決まりです。
しかし、カナダのマナーでも、一番馴染みがないと思われるのはレストランにおけるマナーでしょう。カナダのレストランには、基本的にウェイターがいます。
まず、ウェイターがなかなか注文を聞きにやってこない時、日本と同じ感覚でいるとついつい声をかけて呼び出したくなりますよね。しかし、これはマナー違反になってしまいます。声をかけてしまうとウェイターさんが機嫌を悪くして、サービスが悪くなってしまうこともあるので気をつけてください。
ウェイターさんはあなたの注文を聞くのを忘れているのではなく、厨房の様子を見ながら注文を取るタイミングを見計らっているので、気長に待つことが大切です。もしウェイターさんに来てもらいたければ、目を合わせて来てくれるように伝えるのが良いでしょう。また、お会計は基本的に、テーブルで行うので、そこも注意しましょう。

サービスを受けたらチップを払おう

カナダにはチップを払う習慣があります。だいたいの相場は決まっていて、レストランでは、会計の15%程度になります。高級レストランなど、サービスが良かった場合には18%から20%程度チップを払うこともあります。
ホテルのポーターには、荷物につき$1から$2です。清掃スタッフには、1泊で$2から$3程度で、ベッドやサイドテーブルの上に置いておきましょう。タクシードライバーには運賃の10%をチップとして渡すことが多いです。なお、フードコートやファストフード店などでは、必ずチップを払わなければならないということはありません。
チップを払うために、細かい小銭をポケットに忍ばせておくとスムーズにチップを渡せるので準備しておくと良いでしょう。

以上、カナダのマナーや決まり、振る舞い方について解説しました。マナーや振る舞い方もそうですが、罰金が課せられるような法令関係は、痛い出費になってしまいますので、ご自分の留学先の州の法令を予め確認しておくことをおすすめします。

カナダ留学プログラム一覧はこちら

その場に行かないと、学べないことがある。

LET'Sの世界へ踏み出そう。

短期留学から長期留学まで好評受付中!

Copyright © ECC Co., Ltd. All Rights Reserved.

TOP